花子くんの過去を知る唯一の男

かもめ学園で先生も務める怪異「土籠(ツチゴモリ)」。
長い間ここで人間として化け生活しているようです。

彼は生前の花子くんのとき、担任でした。

怪異の能力は、「16時の書庫」。
過去、未来、現在すべての情報が本に記録されているのを見ることができます。
彼は花子くんの未来をすべて知った上で接していました。

花子くんは生きていればかもめ学園の理科の先生になっていたそうです。

つまり、花子くんは少なくとも"大人になっていた可能性があった"。
早く未来が変わってしまったのは、司のせいなのでしょう。

花子くんの本名は『柚木普(ユギアマネ)』

花子くんの本名は柚木普(ユギアマネ)といいます。
生まれは1970年代、アポロが月に着陸した時代。
かもめ学園中等部に在籍していました。友達はおらずいつもひとりぼっち。
生前生きている時は宇宙飛行士になることが夢だったようで月をよく眺めていました。
左頬にはガーゼが貼っており、手首や腕などにも包帯が巻かれています。

怪我が多く、当時担任だった先生に手当てをされていました。
自らで怪我をしたのか"誰か"に怪我をさせられたのか…。
担任に聞かれてもだんまりを決め込む普でした。