インフィニット・デンドログラム

迅羽(シュンユー)というキョンシーがインフィニット・デンドログラムのアニメ7話の冒頭で登場しました。

いきなりの強さを見せたキョンシーですが、正体やエンブリオは何なのでしょうか?

迅羽の正体

迅羽とは黄河帝国の決闘ランキング2位の実力者。結構悪役みたいな雰囲気を出しているが実は常識のある人。

リアルではシンガポール在住の小学生。裕福な育ちで華僑の子。身長がかなり低いことが悩みだとか。

本名:王羽(ワンウェイ) 年齢:10歳

メインジョブ:尸解仙

 

VRMMOとはいえ、人が倒されたり格闘したりするゲームに10歳が参加してランキング2位の実力者というのはすごいですね。

登録時にレギュレーションみたいな年齢制限がないゲームなんですね。いくら自由といえるオンラインゲームだったとしても少しは規定を設けたほうがいいのでは?と今更ながら思いました。

シュウスターリングのリアルの話も少しだけ出てきましたが、そこまでインフィニット・デンドログラムの世界ではリアルのことは深堀りしないのかもしれません。

迅羽のエンブリオ

迅羽(シュンユー)は異常なまでの強さを発揮したのですが、エンブリオはどんな能力なのでしょうか?

様々なスキルに特化しているスペリオルが多い中で迅羽のスペリオルはバランス型といえます。

エンブリオ:星天到達 テナガアシナガ

フィガロとの戦いでは音速の動きを見せ、フィガロを窮地へと追い込みました。

アニメで描かれる作画次第になりますが、フィガロ戦では大いに盛り上がりそうです。

迅羽の音速をどのように描くのか、フィガロの鎖や表情を表現できるかでおもしろさも変わってきそうですね。

迅羽の正体とエンブリオまとめ

迅羽は悪者キャラかと思いきや、その正体は10歳の女の子。さらにお金持ちだそうです。

シュウといい、デンドロに入り浸っている人はお金持ちで、ログインしている時間も長いのでレベルも高いようです。

もはや、どっちが現実世界なのか分からなくなりそうですよね。