ノーガンズ・ライフ

今回はノー・ガンズ・ライフ2期を無料視聴する方法を紹介します。さらにネタバレやあらすじも公開しています。

ノー・ガンズ・ライフ2期を無料で見放題にする方法

「ノー・ガンズ・ライフ2期」を1話から見直したい、見逃した回を見たい!という方におすすめの方法があります。

それは動画配信サービスの無料期間を利用することで、今すぐ「ノー・ガンズ・ライフ2期」を無料視聴することができます。

高画質でストレスなく見るには公式の動画配信サービスが絶対にオススメです♪

サービス名配信状況公式サイト
×
配信なし

見放題
×
配信なし

「ノー・ガンズ・ライフ2期」はFODPREMIUMで独占配信します!

FOD PREMIUMでは無料体験をしているので、期間内に解約手続きをすれば完全無料でやめることができます。

「ノー・ガンズ・ライフ2期」をFODプレミアムで無料で見る手順
  1. 2週間の無料体験に登録をする!
  2. ノー・ガンズ・ライフ2期を好きなだけ視聴する!
  3. 他のアニメや映画も視聴する!
  4. 1ヶ月以内に解約すれば無料!
\漫画やバラエティ番組も見れるよ!/
<無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!>

本ページの情報は2020年8月時点のものです。最新の配信状況は各公式サイトにてご確認ください。

ノー・ガンズ・ライフ2期の各話あらすじ(ネタバレあり)

ベリューレン社により戦時中開発された新技術「身体機能拡張技術」。
その技術により身体の一部、もしくは全部を機械化された者は、拡張者(エクステンド)と呼ばれていた。

拡張者と生身の人間の非拡張者が混在する社会では常にいざこざが絶えず、それらの問題を解決する「処理屋」を、
乾十三(いぬいじゅうぞう)は生業としていた。

そして、十三自身も、頭部が巨大な銃の「拡張者」だった。

ある日、十三は、全身拡張者の大男から一人の少年の保護を依頼される。
その少年の名は荒吐鉄朗(あらはばきてつろう)。ベリューレン社から誘拐された少年だった。
だが、十三は依頼を受けたもののベリューレン社からの追手に、鉄朗を奪われてしまう。
十三はなりゆきで街を牛耳るベリューレン社と事を構えることになるのだが…

鉄朗を誘拐した全身拡張者の男は何者なのか?
ベリューレン社と鉄朗の関係は?

「ウルトラジャンプ」にて大好評連載中のSFハードボイルド
ここに開幕!

第1話「暴走拡張者」

身体を機械化された「拡張者(エクステンド)」と生身の人間が混在する社会。拡張者が引き起こす問題を解決する「処理屋」を、乾十三は生業としていた。そして、彼自身も、頭部が銃の「拡張者」だった。ある日、十三は全身拡張者の大男から一人の少年の保護を依頼される。だが、依頼を引き受けた十三の前に、一人のシスターが現れる。孤児院から誘拐されたその少年を引き渡すように言うのだが…

第2話「拡張体遠隔操作装置」

十三は保護を依頼された少年・鉄朗を、巨大企業ベリューレン社の追手に奪われてしまう。シスターと争った際に落下した下水道で、彼は全身拡張者の大男から、鉄朗がベリューレン社からその身に受けたある真相を聞かされる。十三は、鉄朗を乗せて施設に戻る車両を強引に停車させると、再びシスターと相対する。シスターを撃退し鉄朗を匿うべく連れ帰るが、再びベリューレン社から訪れた人物が十三に交渉を持ち掛ける。

第3話「操り人形」

九星会が取り仕切る移民街「九星窟」で、子供が何者かに襲われる事件が連続して発生していた。犯人は拡張した手足を奪っては、人目につく場所に吊り下げていることから、反拡張技術派・スピッツベルゲンによる九星会に対する挑発行為だと思われた。十三は九星会から犯人捜しを依頼されるが、彼はこの事件がベリューレン社による自分と鉄朗に対するメッセージと考えていた。

第4話「引き金」

アンとエンデの二人の少女はベリューレン社の命を受けた拡張者だった。カニンガムは二人が役割を果たせなかったことに不満を持つが、そこに現れた鉄朗の姿を見て、十三の「中」が鉄朗だと知り、歓喜に身をよじる。十三に対する本来の目的のため、カニンガムはエンデの自我を奪うことで、暴走させる。暴走拡張者となったエンデを、鉄朗はハルモニエで遠隔操作しようと試みるが、彼自身も限界を迎えていた。

第5話「拡張者対策局」

十三が床屋で「銃頭」の手入れを受けていると、復興庁拡張者対策局(EMS)のオリビエが姿を現わす。十三がエクステンド法に反した容疑で、その身柄を拘束すると宣言する。十三はオリビエに連行されるが、その車中で彼女は十三との間に交わされた「約束」の履行を求める。そこに逃亡中の囚人が現れ、車列に激突する。拘束具が外れた囚人が暴れだし、一緒に連行されたスカーレットたちに襲い掛かろうとする。

第6話「英雄」

殺人を繰り返しながら逃亡中の囚人・ゴンドリー。十三はオリビエから彼の探索を依頼される。オリビエはゴンドリーを公の場で裁くために、彼を生きたまま連れ戻すよう訴える。十三が殺害の現場を訪れると、クローネンと遭遇する。そこで、十三は被害者たちの関係に気がつき、クローネンと共に「次の被害者」のもとに急行する。それは、初の全身拡張者であり人々に英雄と讃えられる「メガアームド斎」だった。

第7話「過熱」

ゴンドリーの襲撃をかろうじて撃退した十三は、メガアームド斎に彼自身が狙われる理由を尋ねる。それは「ノーズスコットの悪夢」と言われる、ゴンドリーが自軍の兵士を殺害した事件にまで遡ることになる。一方、今回の一連の事件をもみ消すために、復興庁はオリビエを局長から解任する。もはや十三がこの事件に関わる理由はなくなり、クローネンからも手を引くように告げられる。

第8話「遺志」

「ノーズスコットの悪夢」の真相を秘匿していたのは、他ならぬメガアームド斎だった。十三たちが真相にたどり着くことを恐れ、彼らの殺害を試みる。十三はメガアームド斎と互角の戦いを見せるが、蓄積したダメージによりメガアームド斎に敗北する。だが、完全に破壊されたかにみえた十三に内臓されたプログラムが起動し、再び戦闘を再開する。しかし、.その姿は自我を失った狂気のエクステンドだった。

第9話「残響」

鉄朗や十三の身体のメンテナンスのこともあり、メアリーが乾相談所に引っ越してくる。鉄朗がメンテの途中で、メアリーに拡張技師になった理由を訊ねる。あまり答えたくないメアリーだったが、自分には探している人がいて、技師をしていればまた会えるかもしれない、と思いを吐露する。そこに、ビルの前で行き倒れたエクステンドが担ぎ込まれる。彼はコルトという、メアリーの患者だった。

第10話「幻肢」

コルトが手にしていた拡張体パーツは、メアリーの兄・ヴィクターによるものだった。ヴィクターの手がかりを求めて、鉄朗とメアリーはコルトを追う。その途中、爆発騒ぎが起こるが、それはコルトによるものだった。彼はベリューレンへのテロ行為の実行者だった。十三も依頼をうけて、反拡張技術主義団体であるスピッツベルゲンに繋がる男を追跡していたが、やがてスピッツベルゲンの真の目的を知ることになる。

第11話「所有者」

十三と同じ「ガンスレイブユニット」のセブンと、それを制御可能な「ハンズ」のペッパーが十三の事務所に現れる。ペッパーはベリューレンの意向ではなく、個人的な要件で訪れたと告げる。それは十三を自身の所有物にするというものだった。十三とセブンの戦闘が始まる。だが鉄朗が介入したことで、ペッパーたちは退却するが、十三は大きな痛手を負う。そんな中、十三に奇妙な依頼が舞い込む。

第12話「亡霊」

事故で両親を失ったローサの身の回りに不審な出来事が続いていた。ついには「拡張者の霊」を見たという者までが現れ、その「亡霊」からの護衛の依頼を、十三は半信半疑ながらも引き受けることになった。しかしローサは、拡張者に強い警戒心を抱いており、十三は話をすることもかなわず、部屋の外に追い出される。だが、十三は「拡張者の亡霊」と遭遇し、事件の真相に迫ることになる。

ノー・ガンズ・ライフ2期の声優情報

乾十三/CV.諏訪部順一

本作の主人公。身長は2メートルを超え、全身が機械化している。特徴は頭部が巨大なリボルバー。
機械化する前の記憶をなくしている。兵器として活動していた過去を気にしており、頭部の引き金を触られることに嫌悪する一面も。

声優情報
諏訪部順一(スワベジュンイチ):1972年3月29日/東京都出身/A型
経歴:2017年にYahoo!検索大賞声優部門を受賞するなど多くの賞を受賞している。
出演タイトル:ランウェイで笑って(柳田一役)/空挺ドラゴンズ(ギブス役)/鬼滅の刃(響凱役) 他

荒吐鉄郎/CV.山下大輝

CEOの荒吐総一郎の息子。息子でありながら拡張たい遠隔操作装置「ハルモニエ」との適合率を上げるために人体実験の被験体にされた過去をもつ。
そのため、手足が動かせず、声も出ない状態であったが昔馴染みのメアリーの拡張手術により手足だけは動かせるようになる。

声優情報
山下大輝(ヤマシタタイキ):1989年9月7日/静岡県出身/A型
経歴:初出演作『ガイストクラッシャー』の白銀レッカ役で200人以上の中から選抜され、2014年には第8回声優アワード新人男優賞を受賞。
出演タイトル:ポケットモンスター(ゴウ役)/僕のヒーローアカデミア(緑谷出久役)他

メアリー・シュタインベルグ/CV.沼倉愛美

拡張技師。荒吐鉄郎の昔馴染み。優れた技術を持つ。
性格も口調もさっぱりしており、十三を気にかける面倒の良さや格安で整備してあげるなど優しさも持ち合わせている。
兄ヴィクターを探している。

声優情報
沼倉愛美(ヌマクラマナミ):1988年4月15日/神奈川県出身/AB型
経歴:THE IDOLM@STERで我那覇響役として抜擢される。その後アーティスト活動などにも注力を注ぐほど歌唱力が高い。
出演タイトル:SHOW BY LOCK(レトリー役)/だがしかし(遠藤サヤ役)他

ノー・ガンズ・ライフ2期の作品情報

作品概要

ノー・ガンズ・ライフは2013年に掲載され、その1年後に読み切りとして再掲後『ウルトラジャンプ』にて連載が開始しました。
既刊3巻時点でシリーズ累計20万部突破し、現在は9巻まで発売しています。

頭部がリボルバーという斬新な設定と、作者の画風も相まり"ハードボイルド"なSF的世界観が魅力の本作。
機械化と聞き最新的な世界を想像してしまうが、主人公十三の事務所に置いてある電話は黒電話であったり、AIによる自動運転が主な中未だ実装されていなかったりなど技術発展の差がある世界観も見どころの一つです。
また、日本人的な名前もあればメアリーなどの西洋的名前もあり、々な文化的要素がうまく取り込まれ融合しているのもノー・ガンズ・ライフの世界観ならではです。

アニメ2期の製作はもちろん1期でもおなじみの『マッドハウス』。
『ちはやふる』や『カードキャプターさくら』、『ノーゲームノーライフ』など様々な有名アニメを手掛けている制作会社です。
今回も同じともあり、安心してノー・ガンズ・ライフが楽しめます。

ノー・ガンズ・ライフ2期シリーズ

随時更新予定。