『ランウェイで笑って』10話の感想

10話を見ての感想。

ついに芸華祭の開幕。育人が柳田のショーを台無しにしたのが原因かと思いきや、木崎も育人をライバルと思っていた1人だったのですね。

とても個性的な木崎のショーは審査委員や観客のウケが良かったですね。

そして育人のショーは家族思いの育人らしい内容が詰め込まれていてお母さんが涙した時はうるうるしてしまいました。

お母さんは退院したのか外出許可なのかは分かりませんがショーを見ることが出来て本当によかったです。

個人的には世界旅行をしているような育人の方が好みでした。次はいよいよ千雪と心です。

この2人が作り出す世界がどんな結末を導くのかとても楽しみです。