ソマリと森の神様

ソマリと森の神様10話が放送されました!宿屋の奥さんにソマリが人間であることがバレた。。

今回は「ソマリと森の神様」10話のネタバレあらすじと感想などを紹介!

『ソマリと森の神様』10話のあらすじとネタバレ

ソマリと森の神様10話ではゴーレムたちが用心棒の仕事に出ている間、ソマリはゴーレムにプレゼントを作ることにした。

そこに物資を届けに来た宿主の妻がソマリは人間だと感づいた。

2人の出会い

ゴーレムはシズノにソマリとの出会いを話した。

森を見回っていたゴーレムは壊れた馬車を発見した。

その馬車に積まれていたのは奴隷として捕まった人間だった。商人も含め人間たちも死んでいた。

そこに猫のような獣が現れゴーレムをある場所に導くと、そこには生き残った人間の子供がいた。

その子はゴーレムを見て「お父さん」とつぶやいた。防衛本能が働いたのか理由は誰にも分からなかった。

 

ゴーレムはソマリに森から去るよう警告するが、ソマリは聞く耳持たず。

幼い子には険しい道でもソマリ必死にゴーレムの後をついていった。ソマリは自分の名前も分からなかった。

そんなソマリに親のことを尋ねるとゴーレムを指さした。

 

ゴーレムを追い続けて歩きっぱなしのソマリはかなりぐったりしてきた。

そんなソマリを見てゴーレムはソマリを川に誘導し水を与える。そして翌朝目を覚ましたソマリの横にはゴーレムがいた。

ずっと一緒

滝をみてキレイと言うソマリに、ゴーレムはその言葉の意味は分かるが感情が無い故に共感はできないのだと説明する。

一人で森を管理するのが使命だと伝えるゴーレムに、ソマリがこれからはずっと一緒だと言う。

 

そして魚を捕獲するためにゴーレムが川に入った時、ゴーレムの腕にひびが入り外皮が剥がれ落ちてしまう。

それを見たソマリは川に飛び込み剥がれ落ちたゴーレムの外皮を拾おうとするが溺れかける。

ゴーレムは死ぬ危険を顧みず飛び込む行為は無駄だとソマリを叱る。

 

ゴーレムは自分が寿命を迎えて活動が止まればソマリは森で生き延びることは出来ないだろうと考えていた。

そこでゴーレムはソマリのために人間探しの旅をすることを決めたのだった。

そしてソマリという名前を付けたのものゴーレムだった。名前の由来はソマリを発見した獣コミドリソマリだった。

ソマリを守る理由

ゴーレムはシズノに自分の状態を説明する。ゴーレムの外皮はかなり剥がれ落ちていた。

内側の肉は亀裂が入り体液が洩れている。そして1か月前から関節もきしみ始めていた。

ゴーレムはシズノに活動が停止された時はソマリのことをよろしく頼むとお願いした。

今までゴーレムがしてきたことはソマリの笑顔のためだった。ゴーレムがどれほどソマリを想っているのか知ったシズノはまだ諦めてはいけないと励ます。

 

翌朝。ゴーレムとヤバシラは宿主に頼まれた仕事に行かなければならなかった。

ソマリと宿に残るシズノにゴーレムはソマリの猪突猛進的な性格や苦手な野菜の説明を始める。そんなゴーレムをヤバシラが止めて仕事に連れていく。

 

ソマリはゴーレムに日ごろの感謝の気持ちを示すために似顔絵を贈ろうとしたが上手く描けずにいた。

そこにゴーレムたちが帰ってくると大喜びのソマリ。

これほど長い時間ゴーレムと離れていたのはこれが初めてだったのだ。

ローザおばさん

次の日ゴーレムたちが仕事へ行くと、宿主の妻ローザおばさんが物資を届けにやって来た。

ソマリが毛糸で贈り物を作ろうとしていることを知ったローザおばさんは、幸いの腕輪としてこの辺りでお土産として売られている組み紐を紹介する。

ローザおばさんは子供でも簡単に作れる3色編みの作り方をソマリに教えた。

相手の幸せを願って作るものだと聞いたソマリは大切に編んでいく。

 

街に戻ったローザおばさんは柄の悪い連中と密会していた。

ソマリの匂いから正体を見破ってソマリのことを密告していたのだ。

『ソマリと森の神様』10話の感想

ソマリと森の神様10話を見た感想では、理由は分からないけど「お父さん」とついてくるソマリを見捨てることが出来なかったゴーレムに感動しました。

そしてソマリへの気の使い方もさりげないというか世話を焼き過ぎない感じが個人的には好きでした。

ゴーレムがソマリの名付け親だったとは驚きました。かわいい名前を付けてもらえてよかったです。

父親ではないと否定していたのに川でお父さんと呼ばれたゴーレムが返事をしていたのは笑えました。

しかし、ソマリが何も覚えていないのは人間狩りのショックのせいでしょうか。

あの馬車の光景は幼い子にはトラウマでしょうね。ローザおばさんは良い人だと思っていたのに、ソマリが人間だと感づいて密告するなんてソマリが危険です。

ゴーレムたちが留守の時に襲われてしまうのでしょうか。次回がとても気になります。